「やっぱいいじゃん、それ」

 温和(はるまさ)が満足そうに私の左手を持ち上げて、指輪越し、薬指に口づけを落とす。

 貴金属店であれこれありすぎて、私は昨夜の無理と引っくるめてドッと疲れてしまった。

 明日も休日で良かった。
 土日連休万歳。

 明日(日曜)は――というか今夜から、温和(はるまさ)には申し訳ないけれど、少し1人でゆっくりさせてもらおう。

 そう思うのに、当然のように私、温和(はるまさ)の部屋に連れ込まれて、さっきからソファで隣に座った温和(はるまさ)に、ずっと左手を握られて甘えられています。

 私の左手の薬指にはホワイトゴールドの四葉のクローバーデザインの華奢な指輪がはまっていて。
 クローバーの葉には互い違いになるようにダイヤが。

 当然、ファッションリングとしてもそこそこのお値段だったそれを見て、「こんな高いの要らないよ、シルバーリングでいいよ」って言ったのに、温和(はるまさ)(かたく)なにクローバーデザインのそれにこだわった。
 「何で?」って聞いたら、「お前知らないのかよ?」って逆にきょとんとされた。
 「CLOVER(クローバー)」は「c−lover(she lover)」って書けるから「彼女は恋人」って意味になるんだとか。
 「何でそんなこと知ってるの!」って驚いたら、昔何かの映画で観たんだとか。

 正直、温和(はるまさ)ってこんなロマンチストだったの?って驚いてしまった。

 だからクローバーデザインのリングを私に付けさせるのは、温和(はるまさ)にとって「こいつは俺の彼女(もの)」って意味になるから重要なんだとか何とか言って譲ってくれなくて。