*******


尽と出会ってから、半年。
連絡もなしに、彼がわたしの部屋を訪れるのは、「日常」になりつつあった。

このままずっとこんな風にして、緩やかで穏やかな日々が続いてほしいと思ってしまうほど、曖昧な関係は心地よく、一緒にいることがとても自然だった。

でも、それはあくまでも夢の中でのこと。
夢は、いつか醒める。



それも、突然に――。