「そう言えば、明後日お父さんの転院だったね」
「ええ」

順調に意識が回復したお父さんは1人で動けるようにもなり、簡単な会話ならできるようになった。
それでも、退院して一人で暮らすってことはさすがに無理で、明後日市内の病院へ転院になる。
そこで数ヶ月様子を見て、最終的には療養型の施設に入ることになるだろう言われている。

「明後日は土曜日だからうちの病院も休みじゃなくて、僕は行ってあげられないけれど」
「大丈夫です。移動の車は県立病院で手配してもらっていますし、私も付き添うくらいのことですから」
「そう、困ったことがあればすぐに連絡してきなさい」
「はい」

たまたま土曜日に転院することになったお父さん。
その日は敬さんも勤務の日だから、会えるかもしれない。
敬さんにも随分お世話になったから挨拶くらいはしたいな。
すでに10以上日会えていない敬さんの顔を、私は思い出していた。