***

実篤(さねあつ)、さん……」

 そんな実篤をくるみが潤んだ目で見上げてきて――。

 オオカミに変装させたからだろうか?
 いつもヘタレワンコな実篤が、やけに強気に攻めてくるのが落ち着かないくるみだ。

 自分が望んだ状況のはずなのに、いざ実篤にこんな風にガンガン迫ってこられると、経験値の低いくるみはどうしたらいいか分からなくなる。


***


 実篤はくるみの頬に触れた指先をほんの少し動かして、彼女の耳たぶにかすめるように触れて。

「〝くるみ〟は俺に食べられたいんじゃろう? 素直に言うこと聞いてくれんと、凄く(えろぉ)食べ辛いんじゃけど?」

 いつもは「ちゃん」付けで呼びかける名前を敢えて呼び捨てにして、スリスリと赤らんで熱を持ち始めた耳をくすぐったら、

「ふぁっ、…|実篤さっ、そこ、ダメぇっ……っ」

 くるみがくすぐったそうに首をキュッとすくませて、小さく抗議の声を漏らした。

 実篤はその瞬間を逃さず、くるみのセリフを言葉半ばで封じるように口付ける。

 初めてのキスがいきなりディープなものだったからだろうか。
 くるみは驚いたようにビクッと身体を撥ねさせた。

 それをあやすみたいに口中を優しく舌先で撫でると、おずおずと彼の求めに応じるように舌を差し出してくれて。
 そのぎこちなさがたまらなく愛しく感じられた実篤だ。