『明日、午後から勉強会やろうぜ』
『やだ』

 進藤からスマホにメッセージが届いたのは、金曜の残業中だった。
 私はフロアで一人、例の開発プロジェクトの見直し案を作成中だった。

(私は忙しいのよ! 進藤の相手をしてる場合じゃないわ!)



 出張から帰って、私たちの考えを課長に伝えると、一度、笹本さんにヒアリングしてみようという話になった。

 本プロジェクトに対する笹本さんのご意見をお聞きしたいと課長が尋ねると、彼はニヤリと笑った。
 そして、出てくるわ出てくるわ。
 さすが笹本さんはアイディアマンで、次から次へと案が出てきた。
 そこには強い地元振興の念があった。

 私たちはこの開発プロジェクトで、集客のために『他では味わえない施設』と銘打って、『日本初出店のパティスリー』『他県で初出店のそば屋』『ここでしか買えない○○』など、初もので揃えようとしていた。
 でも、笹本さんは『その瞬間は初でもそんなのすぐに色褪せる。それより地元ならではのカラーを打ち出した方がいい』と言って、いろんな可能性を示してくれた。
 
 これに課長も感銘を受けて、プロジェクトを再考することに決まったのだ。
 まだ基本構想の段階だったからできることだった。