翌日、いつも通り出社したが、就業中に欠伸を何度も噛み殺してしまい、今日は極力早く寝ようと心に誓う。

 茉奈を迎えに行って、夕飯とお風呂の支度、保育園の洗濯物と合わせて食後に一度洗濯機を回そう。

 段取りをシミュレーションして定時で退社する。家から保育園は近いので、天気が悪かったり、仕事が押さなければ一度車をアパートに置きに帰ってから徒歩で迎えにいくのが定番だ。

 保育園の駐車場の台数は限られているので、お迎えの重なる時間帯は結果的にこっちの方が早い。

 アパートに車を停め、降りたその足で保育園を目指す。じめっとした外気に包まれ不快感につい眉をひそめた。

 これからどんどん暑くなるんだろうな。

「未亜」

 不意に名前を呼ばれ、辺りをキョロキョロ見渡す。すると来客用の駐車場に記憶に新しい車が停まっていた。

「衛士」

 運転席から顔を覗かせた彼に私は驚きが隠せない。衛士はおもむろに車から降りてくると、こちらにゆっくりと近づいてきた。

「え、なに? どうしてここが」

 言いかけてやめる。おそらく父に聞いたのだろう。

 まさか茉奈に会いに来たの? 

 たしかに彼には父親として茉奈に会う権利があるとは言った。でも家にいきなり来るほど強引な行動をとるなんて。

 昨日、私が突っぱねたから?

 なにを主張されるのかと身を固くしていたら、彼は胸ポケットからスマートホンを取り出した。