「連絡先を教えてほしいんだ」

「へ?」

 あまりにも予想外の要求に虚を衝かれる。

「電話番号も全部変えているだろ」

 淡々と付け足す彼に驚きが隠せない。なにか裏があるのかと疑いそうになるが、衛士の顔は真剣そのものだ。

 まさか本当にそれだけのために私に会いに来たの?

 複雑な思いに駆られ、ぶっきらぼうに返す。

「父にでも聞けばよかったじゃない」

 住んでいるアパートの場所は聞いておいて、連絡先を本人にわざわざ尋ねに来るなんて、どう考えても非効率だ。彼らしくない。

「未亜の口から直接、教えてもらいたかったんだ」

 ところが、さらりと告げられた言葉に目を見張った。なんて答えたらいいのかわからず、私は衛士から視線を逸らす。

 ここで素直に「わかった」と言って教えるには、まだわだかまりが大きすぎる。別れてから衛士と完全に関係を断ち切ると決めて、その通りにして今までやってきたから。

 葛藤していると、突然衛士に手を取られた。

「もう一度、俺に未亜の連絡先を教えてくれないか?」

 真っすぐに見つめられ、しばらく動けなかった。ややあって衛士の手が離れ、私はそろそろと鞄からスマートホンを取り出す。

「……番号を言うからかけてもらってもいい?」

「ああ」

 ぎこちないやりとりが、なんだか初めて連絡先を交換したときみたいだ。すぐに着信があり、登録されていない彼の番号が表示される。

 衛士は連絡先を変えていないのだとすぐにわかるほど、彼の番号は記憶に残っていた。