陸人さんとクリスマスを祝ってから三日。

夕食の準備を始めた頃、彼から電話が入った。

病院の近くにいるようで、救急車のサイレンの音がする。


『今日、食彩亭に行って、重さんに心春を復帰させてほしいと話したんだ。そうしたら涙を流して喜んでくれて』

「ほんとですか?」

『あぁ。ほかのお客さんが来て詳しく話せなかったから、これからもう一回行ってくる。凛ちゃんは元気?』


わざわざまた足を運んでくれるとは。
彼の細やかな気遣いがありがたい。


「はい。保育園ではしゃぎすぎたみたいで、園から帰ってきてすぐにコテッと寝てしまって」

『あはは。目に浮かぶよ』

「くまのぬいぐるみを抱いたまま寝てます。最近は、くまにこぐまさんのはちみつケーキを読んであげたりして」

『かわいいな』


陸人さんの声が柔らかくて、頬が緩む。