初めましての方、初めまして!お久しぶりの方、こんにちは!エイミーです。

今回は、このシリーズの最終話を書きました。番外編まで書いていたら予想以上に長くなり、でも書きたいことは書けたので満足しています笑。また特別編は書きますが。

バトルシーンを書く中で、少年漫画のような動きを書きたいと思いつつ、血みどろにしないよう気をつけました。偏見ですが、少年漫画って「絶対、こんな怪我死んどるやろ!」って突っ込みたくなるような血まみれ状態で戦うシーンが多いような気がします。

正直に言うと、めちゃくちゃ書きたいと思ったのは、番外編の二つなんです。ツヤさんが初めて「父さん」って言ったらいいな、と思って書きました。

二つ目の番外編では、男性陣の衣装は一瞬で決まったんですが、女性陣のドレスをどうするかめちゃくちゃ悩みました。その時間が楽しかったです笑。

読んでいただき、ありがとうございました。また次の作品でお会いしましょう。



この作品のキーワード
  バトル  最終話  怒り  悲しみ  幸せ