――コンコン。


開け放した扉を軽くノックする、風間さんの姿にハッとする。

止まっていた時間がゆっくりと動きだす。


「倉戸さん、具合はいかがですか? 少しは落ち着きましたか?」


タオルと水を手にした風間さんの優しい声に、これは現実なのだと思い知った。

先ほどのキスの件もあり、副社長から距離を取ろうと腰を上げようとした途端、彼が私の肩を掴んで背中にクッションをあてがった。

さらには立ち上がって風間さんから水を受け取り、私に手渡す。


「まだ頬が赤いからちゃんと飲め。つらいなら横になってろ」


私の顔を覗き込む彼に、風間さんが驚きの声をあげた。


「へえ……郁がそんなに甲斐甲斐しく女性の世話をするの、初めて見た」


「……保、無駄口を叩いていないでほかのスタッフを早く帰らせろ」


「ハイハイ。倉戸さん、遠慮せずゆっくり休んでくださいね。扉は半分開けておくから身の危険を感じたら叫んで」


もうすでに感じていますと言えない自分がつらい。

なぜか楽し気な笑みを浮かべて、風間さんは部屋を出て行った。


「……運んでくださりありがとうございます。ご迷惑をおかけしました」


今さらながら、感謝の言葉を告げる。

口づけまでされてこんな他人行儀な会話をするのはおかしいが、お礼は伝えなければ。


「気にしなくていい。元々俺が原因だろ」


相変わらず冷静な口調で響谷副社長が答える。


「ただし、さっきのキスも求婚も本気だからな」


念押しされてカッと頬に熱がこもる。


「返事をくれないか?」


顎に触れる私の毛先を軽く弄ぶ姿にさえ、色香が漂う。

了承しか受け入れないくせに決断を迫る強引さにあきれる。

とりあえずひとりになって状況を整理したいと切実に願った。