「……茉莉?」


駒澤くんに怒鳴られて咄嗟に逃げ出した足で辿り着いたのは、梓ちゃんの所で。


ガクガクと足を震わす私を、梓ちゃんは戸惑ったように見た。


「え、ちょっとどうしたの?顔真っ青……」

「梓、ちゃん……」


どうしよう、どうしよう。頭が追いついていかない。


あんな風に激昂する駒澤くんを見たのは、初めてで──怖くて。


最低なことをしたのは私なのに。

怒らせたのは、私なのに。


「……っ、」

「え、ちょっと茉莉!?」


思わずじわりと涙が込み上げてきて、泣くまいと私はその場にしゃがみ込んだ。


泣くな、泣いたら駄目。


泣く資格なんて私に無い。

泣いていいのは、私じゃない。


「──おい、どうした!?」


暫く気持ちを落ち着けてから立ち上がろう。そう思って呼吸を整えていたら、そんな声とともに腕を掴まれ、立ち上がらされる。