苺の友達の由香ちゃんからは、痛い程の視線が降り注いでくる。



「由香ちゃん可愛いねぇ」


でた!悠太のナンパ癖。
でも、この空気の読まない発言に正直助かった。

苺の事だから、普段の俺の態度とか、この由香ちゃんとやらに色々相談とかしているのだろう。




「学校案内してあげるよ」


悠太はそう言って、目の前の苺達に口許を緩めた。



「じゃぁ、お願い」


と、苺の友達もニッコリ微笑みを見せる。



「おい、壱斗も行こうぜ」

「おいっ、店番は?」

「正樹に任しときゃいいべ」


そう言うと、悠太は俺に背を向けた。



……確かに。

ま、午前の当番は終わったしいいか。
なんて気楽に考えて、4人で教室を後にした。