「あれ、ゆめちゃん……?」


戻ると、予想通りの反応をして首を傾げたふみちゃん。
私はやっぱり恥ずかしくなって下を向く。

顔の熱がやっぱりまだとれない。


「着替えてきたの?」

「う、うん」

「そうなんだ! ゆめちゃん、青も似合うね。ちょっとオーバーサイズなのがかわいいっ」

「えへへ……」


恥ずかしくて、でも嬉しくて。


「ねえねえ、それってもしかして……折原くんの?」

「ええっ!?」


まさかのふみちゃんからの言葉に私はつい声をあげてしまう。


「折原くん制服の下によくそのTシャツ着てるから分かるよー」


そういえば、ふみちゃんは折原くんとクラスが一緒だった。
授業中の折原くんの話とか、いろいろ聞いてみたいなあと思ってたんだ。
でも今はそれよりも、ふみちゃんに言い当てられてしまったことの方が恥ずかしくて。


「詳しく聞かせてよゆめちゃん~!!」

「うう、わかった、わかったから~……!」


メガネを怪しく光らせながら迫ってくるふみちゃんを、両手でおさえる。


「じ、実はね……」