「あいつ、夏大で、ベンチ入りできなかったんだよ」

「そうなんだ…………」

確か投手だよね、と尋ねると、徹はうなずいた。

「違うクラスの、三井(みつい)って知ってる?」

「三井?」

聞いたことのない名前に、私は首を振った。

「2年でエース候補は、大橋と三井がいるんだ。」

ふーっと息を吐きだすと、徹は一気に話した。

「同じ学年で同じポジションで、ずっと2人で競い合ってきたから。三井はベンチ入りが発表されたとき大喜びしていたけど、その分大橋は落ち込んじゃってさ。当然なんだけど」

“その日から、全く思い通りピッチングが出来ないらしい”

いつも明るい徹。

その徹が静かにそっと言った様子に、私は胸が締め付けられた。

こんな徹を見るのは、あの時以来だ。

「徹…………」

思わず呼びかけると、徹はふっと我に戻った。

「俺は大丈夫だぜ」

「けど……」

なんと続けるべきなのかわからなくて、私は黙り込む。

野球が上手な徹。
中学校時代も、入学と同時に3年生を差し置いてレギュラー入りした徹。
高校でも、1年生の時からレギュラーとして試合に出ている徹。
誰よりも野球が大好きで、誰よりも練習している彼が、中学校時代にーしかも中学校サイドの大切な試合前にーレギュラーから外されたことがあった。

俗に言う“スランプ”。

明るい性格で、野球が大好きで、だからこそ誰よりも楽しんで野球を続けてきた徹。
その徹が「もう野球続けられないかもしれない」、と、ポツリと弱音を吐いた日を、
その時の辛そうな徹を、今も私は忘れられない。

“俺ら野球部3人は、もう兄弟みたいなもんだな!”

テスト勉強をした帰り道、いつの日か嬉しそうに言っていた徹を思い出す。

高校に入学してから、教室でも部活でもずっと一緒にいる3人。

本当に家族のように仲が良くて大切で、そしてその大橋くんが感じている辛さや苦しみがわかるからこそ、徹も本当に辛そうで……

自分から呼び出したのに、本当になんと声をかければよいのかわからなくて、ただただ私は徹を見つめる。

一瞬下を向いてギュッと目を瞑った後、大きく深呼吸した徹は、いつものように二カッと笑う。

「大橋は、ちゃんと乗り越えられるよ、この挫折に」

力強く、そして自分を説得させるように言う徹に、私もうなずくいた。

「だから、もし何か弱音はいてたら、聞いてやって」

俺たちには絶対吐いてくれないから、と徹が苦笑する。

そんな徹を見て、私は「うん」とうなずくと、「うん」と徹も笑顔でうなずく。

けれど、私は見逃さなかった。

下を向いた瞬間、徹がすごく苦しそうな顔をースランプに陥っていた時と、全く同じ顔をーしていたことを。

そんな徹を見て、ただただ徹と大橋くんに、本当の心からの笑顔が早く戻ることを、私は願った。