「さ、飲むぞ」

 そう覚悟を決めたように意気込んだのは目の前に座る忍野君。
 気合を入れて赤い液体が入った飲料パックに直接口をつけた。

 それを見ながらあたしと永人は飲料パックの中身をグラスに注いでいく。


 今日は吸血鬼になってしまったあたしが初めて血液パックの血を飲むということで、それを聞きつけた忍野君が何故か先輩風を吹かして「一緒に飲もうぜ!」なんて提案をしてきた。

 でもその割に彼は未だに慣れていないのか、一気に血を飲み干した後は物凄く気持ち悪そうにしている。


「うぅ……やっぱり気持ち悪いって思っちまうなぁ……」

 と呟きながらも、先輩風を吹かした手前もあるのか幾分表情をキリッとさせてあたしを見た。


「香月も元は人間なんだから、多分血を飲むことに抵抗があると思うんだ。でもとりあえずこうやって一気飲みすれば何とか飲めるから」

 なんてアドバイスしてくる。

「あはは……そうだね、一気にいってみる」

 一応そのアドバイスを聞き入れつつ、多分あたしは忍野君ほどの抵抗はないんじゃないかな? と思った。


「聖良、指貸せ」

 隣に座る永人が短くそう言い、差し出したあたしの手の親指を少し切る。