大きな引き戸になっているドアを、ゆっくりと開けた。

部屋の中央部に大きなベッドが置かれている。

上半身が少し上がるように、ベッドの角度が上がっていた。

部屋はとても広く、高級なホテルの部屋のようだった。
窓も病院とは思えないほど大きく、太陽の光が部屋の奥まで差し込んでいる。
とても気持ち良い部屋だ。

ベッドには男性が、寝ているようだ。
私は神宮寺に続き、その男に近づいてみた。



「えっ……あ…あ…あなたは…。」


私は息が詰まった。
声が出なくなるような衝撃だ。




…お父さん。




「お父さん!お父さん!…桜です。」


しかし、お父さんは何も反応しない。
ジッと遠くを見つめる目だ。


すると、神宮寺が私の肩に手を置いた。


「伊織、…お父さんは記憶喪失なんだ。自分の名前も分からない。」

「そ…そんな…噓でしょ!」


私はもう一度、お父さんに呼びかけてみた。


「お父さん!お父さん!私は桜だよ…お父さん!」


暫くして、お父さんは口を開いた。
真っすぐ私を見ている。


「あの…どちら様でしょうか?」


…ショックだった。

娘の顔も忘れてしまったのだろうか。

神宮寺が横で話を始めた。


「君のお父さんは、自殺未遂だった。たまたま俺は休日に、お父さんの会社を訪ねたんだ。そして、俺が事務所に入った時、既に首をつっていて…突然のことに俺は慌てたよ。すぐに降ろして救急車を呼んだんだが…ほとんどの記憶が消えてしまったようで、自分が誰なのかもわかっていないようだ。」

「じ…自殺…自殺未遂って…そんな…」