次の日。

誠と一緒に登校するのは、気が進まない。

私は、いつもより一時間早く家を出た。

学校に着くと部室の鍵も開けず、体育館に向かう。

誰もいないコート。

ゴールを見つめていると、シュート練習する佐伯君の姿が浮かぶ。

佐伯君のバスケットの邪魔になるのは嫌。

練習付き合うのやめにしよう。

そう思ったのに……

朝練が始まる。

ガツン……

朝から佐伯君はダンクシュート。

昨日のシュート練習を、邪魔された憂さ晴らしをしているようにも見える。

ゴールがグラグラと揺れている。

そのゴールのように、今私の心も揺れている。