嘘……。そんなことを思っていてくれたなんて想像もしていなかった。
そう思ったと同時にふわりと唇が温かくなる。キスされたことに気づいて、私は目がまん丸になってしまった。

そこで尋人の瞳をものすごく近くで見た。

「佐和子より弥生のことが好きな理由はいっぱいあるけど」
そういうと、チュッとリップを立ててキスをする。
「優しいところ、いつも笑顔なところ、一緒にいて穏やかな気持ちになるところ」
一つづつ言うたびに、尋人はキスをする。

自分のことを褒められている上に、キスをされて私はもうキャパオーバーだ。
「わかった! 尋人もうわかったから」
「弥生はもっと自信持てよ。あっ、でもそのままでいい。他の男の前でそんな表情になられたら困るからな」
「え? どういうこと……」
それ以上問いかけることはできず、さっきより長い口づけを落とされ、私は慌てて目を閉じた。

前のキスとは違い何度も触れるだけのキスが、温かくて気持ちが溢れるようなキスに恥ずかしいし嬉しいし、感情が忙しかったのは言うまでもない。