「ただいま」

「あっ、兄ちゃんおかえりー」

玄関の扉を開けると、ちょうど階段を降りてきた圭介が、出迎えてくれた。

「雨、平気だった?」

「傘持ってたから、平気だった。部活は…あー、そっか、今日は練習休みだって言ってたもんな」

この天気だから、野球の練習のことを気にかけたけれど、休みだったことを思い出した。

今となってみては、練習が休みだった理由がはっきりわかる。

顧問の高梨先生にとって、大切な用事があったから。それも、行き先は俺と同じ。

「…なんか、元気ない?」

「え?ああ、全然。部屋行って着替えてくる」

弟の鋭い洞察力に驚きながら、そう答えて自分の部屋に向かった。

堅苦しいスーツを脱ぎ、ハンガーにかける。楽な部屋着に着替えて、ベットの上に大の字にダイブした。

天井を見上げ、額に片腕を乗せて、今日の雛さんの様子を気にかける。

体調、平気かな…。

なんで、朝隣に乗っている時に気がついてあげられなかったのだろう。

「…いつもだ…」

昔から、肝心なところで、雛さんの変化に気がついてあげられなかった。

真っ先に気がつくのは、貴史くんだったんだ。