期待外れだった結婚記念日から十日程経った。

夫婦関係に大きな進展はない。

日々の暮らしは何も問題はなく穏やかなものの、重い話をするきっかけがなかなか掴めないからだ。

(早くなんとかしようって焦る気持ちはあるけど)

ここ最近の夫は帰りが遅く、連日深夜十二時少し前に帰宅といったハードワークをこなしている。

かなり疲れている様子なので、今は彼のサポートに専念するつもりでいる。

今夜も晴臣の帰宅は十一時三十分だったので、瑠衣は軽い夜食を用意した。

「ありがとう」

夫は瑠衣に対して気遣うように微笑んだけれど、その表情はどこか暗い。

(やっぱり相当参ってるんだわ。晴臣さんは今どんな案件を担当していたっけ)

彼は三十歳の若さで経営企画部長を務めているので、幅広い仕事をこなしている。

それでもその時々でメインとなる案件があり、仕事好きの晴臣はプロジェクトに没頭すると、無理をしがちだ。

体力がある為、病気になったりはしないようだが、それでも心配ではある。

瑠衣は夜食で使った食器などのあと片付けを済ませてから、リビングで食後のお茶を飲んでいる晴臣の元に向かった。

きっとタブレットでも見て仕事について考えているだろうから、早く寝るように言おうと思ったのだ。

けれど、予想外に晴臣はソファーに横たわっていた。

「晴臣さん?」