『晴臣さん、私実家に帰ります』


愛する妻が妙にすっきりした表情でそう宣言した瞬間、膝から崩れ落ちそうになった。

(うそだろ?)

確かにその前日に、少々揉めた。

夫婦の会話中にかかって来た電話が原因だ。

相手が女性だった為、瑠衣が誤解してしまったのだ。

だけど晴臣はそんなときなのに、少し心が弾むのを感じていた。

いつも穏やかな感情の波がない瑠衣が自分のことで怒っている。

内容的に嫉妬していると思って間違いないはず。

そう気付くと、緊迫した空気の中でも安心を感じていた。

嫉妬するのは、瑠衣の気持ちが晴臣に向いているから。

最近距離を感じていた夫婦仲を良くする為の自信につながった。
しかし喜んでいるばかりではなく、誤解を解いて妻を安心させなくてはならない。

一旦時間を置き、その間の懸念を無くしておこうと考えたのだ。

瑠衣が指摘した通り、舟木美帆の行動は少し行き過ぎている。

しかも最近はエスカレートして来ているから、ここらでしっかり釘を刺しておかなくてはならない。