「うそ……」

まさかの先に寝ていて宣言。

張り切って用意したご馳走も、計画も全部駄目になってしまった。

(こんな展開予想外よ)

瑠衣は脱力してリビングのソファーにどさりと腰を下ろした。

気負っていただけに、落胆が激しい。

(あーあ。せっかく勇気を出そうと思ってたのに)

今夜は帰って来てほしかった。一緒に過ごしたかった。

(ショック……それにこの料理どうしよう)

テーブルに並んだ料理を眺めて、瑠衣は小さな溜息を零した。