「瀬尾との関係に口出しはしない。ただ事情を知った今でも俺に関わって欲しくないし、君の上司に取りなすつもりはない」

「私の気持ちは受け入れて貰えませんか。今は瀬尾さんではなく、神谷さんを想っています。だからと言って奥様との関係を邪魔する気はないんです」

「何を言われても、受け入れないと断言する」

はっきり断ったからか美帆の顔に絶望が浮かぶ。

「そんな可能性もないなんて……仕事も駄目になって、私は何もなくなっちゃった」

「自業自得だと思うが」

「でも私は瀬尾さんの言う通りにしただけなのに」

美帆は両手で顔を覆った。
彼女からすると晴臣の態度が冷酷に感じるのだろうが、しかしここで意思を示しておく必要があったのだ。

「君の上司に瀬尾の件は話しているのか?」

「いいえ。プライベートのことですから」

「そうか。だが揉めるようなら話すことも考えた方がいい。プライベートとはいえ取引先の社員同士間のトラブルは放置できないからな」

瀬尾の不始末は神谷ホテルにとってマイナスだ。
もしかしたら先方からクレームが入る可能性もあるが、美帆に黙っていてくれなど言うつもりはなかった。

彼女も傷ついており、ある意味被害者でもある。

晴臣自身がフォローするつもりはないが、誰か味方が必要だろう。

項垂れている美帆に別れを告げて席を立った。


余裕を持って出て来たが、思いがけない出来事で次の予定の時間が迫っている。

晴臣は急ぎ足で駅に向かった。