五年勤めた会社の退職日、晴れやかな気持ちでオフィスをあとにした。

両手には、大きな花束とたくさんのプレゼント。

いつもは電車で通勤しているけれど、混み合う車内では目立ちそうだし、歩いて帰宅することにした。

時刻は午後六時半。

バッグからスマートフォンを取り出し、晩ごはんを用意して待っている母に、【いつもより少しだけ遅くなります】とメッセージを送る。

明日は二十七年生きてきた中で最も大切な日だから、早く帰って備えたい気もするけれど、今夜はきっとドキドキしすぎて眠れない。

「そこのお嬢さん、落としましたよ」

いつもは通らない路地裏で、不意に声をかけられた。

老婦人が簡易の机と椅子を出してぽつんと座っている。

年齢は七十代くらいだろうか。ゆったりとした玉虫色のワンピース姿で、グレイヘアをお団子にしている。

机には黒い布がかけられていて、水晶玉と【占】と書かれた札、小さなランプがあった。路上占い師のようだ。

「えっと、私ですか?」

「ええそうよ。お財布かしら?」

彼女の言葉に周囲を見渡すと、道の隅っこに私の財布が転がっていた。