三年二組の教室はすでに生徒達が登校していた。

深呼吸を二回する。慎介くんと目を合わせて、私は教室に入った。

私が入った瞬間、雑談をしていた生徒達の会話が一瞬止まる。
私の席は、後ろの方に――あった。

慎介くんも後ろからついてきてくれているらしい。

「あれ、二年の五十嵐くん?」
「あのめちゃくちゃヤンキーで転校させられた人だよね?」
「なんで星野さんがあんなイケメンと一緒にいるの?」
「ていうか、よく教室に来れたよね」

聞きたくない言葉が、嫌でも耳に入ってきて倒れてしまいそうだ。
でも、ここから逃げたらだめだ。

私は椅子に座る。教室をじっと見渡した。

「私、卒業まで教室で授業を受けます。みなさん、またよろしくお願いします」

そう言っては見たが、誰からの返事もなかった。
次に口を開いたのは、アユちゃんと仲が良かった出口さんだった。

「星野さんさー、アユの気持ち考えたことある?」

慎介くんが私の前に立つ。

「……先輩達は、凛の気持ち考えたことあるの?」

浜田さんが割って入ってくる。

「あ、あんたには関係ないでしょ!? 二年のくせに」

「関係あります。凛は俺のなんで。それを傷つけようとする人は……先輩でも容赦しません」

彼が低い声でそう言い放った瞬間、教室中にビリッとした空気が充満する。

出口さんは浜田さんの腕を掴んで「ねぇ、もうやめとこう」と相談していた。

「それじゃ、よろしくお願いしますね」

彼はそう言って、私の方に振り向いた。

「また放課後も来るから。なんかあったらすぐに言ってね」

そこには、いつもの優しい慎介くんの笑顔があった。

――ねぇ、『凛は俺のなんで』って言ってくれたよね。それって、私をみんなから守るためだけに、言ってくれてるんだよね? 恥ずかしいけれど、それだけじゃなかったらいいなんて、考えてしまっている自分がいた。


卒業式まで、あと二週間もないけれど……
私は教室に登校することができたのだった。