「裕翔くんは、なんていうか、……日本中みんなが知ってる御曹司とかなの?」



ただ、純粋に聞いてきているだけかと思っていた。でもその瞳に疑いの色があったのは紛れもない事実だった。



そう聞かれた時、本当の事を言うなんて今の俺には出来なかった。



だってもし話してしまったらどうなる?



桜十葉に嫌われてしまうかもしれない。
桜十葉に怖い思いをさせてしまうかもしれない。
桜十葉が、俺から離れていってしまうかもしれない。



桜十葉の事を愛しく想うほど、俺の心がどんどん苦しくなっていく。
本当は今すぐキスをしたい。
キスをして、俺から逃げられないようにしたい。



でも、桜十葉は俺が何かを隠していることを確信しているようだった。



考えなさい、と俺に時間を与えるために離れたのだと思う。



だから、しっかりと自分と向き合いたい。
桜十葉がその勇気を与えてくれたから。