「俺の事、……怖くなった?」



もうどんな風に終わってもいい。そういう思いで、桜十葉に尋ねた。でも、桜十葉は俺の背中に回した手を話そうとはしなかった。



「そんな事ないよ。だって、ヤクザの息子だろうが、総長?だろうがそんな事、私にはどうだっていいもん。裕翔くんは、裕翔くんなんだから」



その言葉に、胸が震えた。
どこかで分かっていた。そして、どこかで弱い自分が桜十葉の事を信じていなかった。



「っ、……おとはっ」



俺は小さくて華奢な体を強く抱きしめる。
直ぐに、壊れてしまいそうな大切なもの。
もし、彼女が過去を思い出してしまったら今度こそ、離れていってしまうだろう。



俺はそんな不安も抱えながら、桜十葉にキスをした。2日ぶりに重ねた桜十葉の唇。
とても柔らかくて、それだけで涙が出そうになった。



俺はやっぱり、桜十葉なしでは生きられない。
桜十葉があの日のことを思い出してしまったら。もし、またあの日のことが繰り返されてしまったら、俺はもう、そばにいる事さえ許されなくなる。



「裕翔くん、……。私もね、言いたいことがあるの。私、裕翔くんの事が……大好きだよ」



その言葉に、俺の全身が固まる。
それと同時に、心臓が今まで以上に早鐘を打っている。