裕翔くんはそれを聞き、驚いた表情で私を見つめていたけれど、今度は優しく笑った。



「そっか、……そうなんだ。聞けてよかった」



裕翔くんがそんな事を聞いてくる意図が分からない。裕翔くんがなぜ、そんなにも安心した顔で笑っているのかも分からない。



でも、少し分かった事がある。



お母さんがなぜ、裕翔くんと一緒にいなさいと言ってきた理由。



それはきっと、何がなんでも一緒にいなさい、そういう意味も込められていたと思うんだ。



「私、もし裕翔くんが昔私を傷つけていた相手だとしても、……ぜ、絶対好きになるし一緒にいる自信、あるよ」



なんでもない風に本心を言った私の言葉に、裕翔くんの心が泣いていた事になんか気づきもしなかったんだ。



「桜十葉、ちょっと俺の昔話、聞いてくれる?」