はぁ・・・・。


ため息とともに、読み終えた小説を閉じる。


このところ目に止まるのは、甘えさせてくれるオトナの男性が出てくる物語ばかり。


でもその理由がわかったのは、つい最近。

のめり込む物語の共通点に気づいた時、ふっ、と心に湧いたのは。


『私も、甘えさせてほしい』


甘えさせてほしい。
甘えていいよと、言ってほしい。


でも、もしかしたら。

単純に、疲れているからじゃないか。
だからそう感じるんじゃないか。


湧いてきた気持ちを否定する。


そして思うのは。

本当に『甘えさせてくれる男性』が現れたとして。

私はその人に甘えることができるの?
そもそも、甘えるって何だっけ?

それすらよく分からない。


なのに、湧いてくる『甘えさせてほしい』願望。


困ったな・・・・自分に苦笑する。


けれど、出会ってみたいのだ。
私を『甘えさせてくれる男性』に。


どんな男性だろう。

歳上? 
社会的に地位がある人? 
お金持ち?

ありふれた貧相な思い込みしか出てこない。


その時、逆の感情も浮かんできた。

『甘えさせたくなる女性』って、どんな女性なんだろうか・・と。


少し考えて、すぐにやめた。
どう考えても、私は当てはまらない気がしたから。


仕事に明け暮れているうちに、40になった。
そのことに後悔は無い。
管理職にだって、着くことができたのだし。


そんな私が甘えたい願望でいっぱいだと知ったら、きっと周りは引くだろうな・・・・。


オフィスのメンバーを思い浮かべると、近い年齢層は当然既婚者ばかりだ。

迂闊に恋すると、不倫まっしぐらだ。


「あーぁ・・・・」


心の声が、思いの外ボリューム大きめで声に出てしまい、隣の席にいたランチ中の若い男性がギョッとした。


戻るか。
仕事しなきゃ・・。


読み終えた文庫本をバッグにしまい、私はレシート片手に立ち上がった。