マンションに乗り込むにしても、子供を連れて行くこともできないだろうし、何より、私は一体どうしたいのかもわからなかった。

 親代わりで、私が一番信頼をしている叔父の奥さん、義叔母に相談をした。

 「あなたはこのまま、見なかったふり、知らなかったふりができる?」

 「。。。。。」

 「本当かもしれない。嘘かもしれない、、、真実はわからないけど、このまま
 何もなかったと、全てに蓋をして暮らしていけるのだったら、それでいい。

  あなたが、もし、そう決めたとしたら、断固たる意志を持ってそれを押し通すでしょうからね。」

 義叔母の答えはわかっていた。
 結局、最終的に決断するのは自分自身だ。
 私は不倫相手だという人のご主人と、央さんの元へ行くことを決めた。

 央さんを追求して、コテンパにしたいとか、相手の人を罵りたいとか、、、どういうわけか、そういう感情は起きずに、ただ、ただ何が起きているのかを知りたかった。