6作目の小説です。
よろしくお願いします。

本棚・ファン登録・いいね・ひとこと感想
ありがとうございました。

2023.1.17 編集部オススメ作品に
選出して頂きました。

読者の皆さま
編集部の皆さま
ありがとうございました。

❄感想ありがとうございました❄

れをん様
ふく様

❄レビューありがとうございました❄

ていこ様
文庫本の後ろに書かれてある上質な解説をプレゼントしてもらったような気持ちになり感動しました。
これからもゆっくりですが書き続けていきたいと思います。









「君をひとりぼっちでこんな危ないところへ
置いていくことなんて出来ない。」



「俺も家ではいつもひとりだったよ。
俺達似た者同士だね。」



「・・・凌・・・凌・・・離れたくないよ・・・」



❄❄❄



私と凌は粉雪舞う白い世界で手を繋いで歩いていた。

ふたりきりで、笑い合いながら

どこまでも

どこまでも

歩いていた。



❄❄❄



孤独な魂を持つ伊織と凌の切ない
ピュアラブストーリー

あらすじ

『粉雪お願い・・・あの人を守ってください』
新宿歌舞伎町のリラクゼーションサロンでセラピストとして働く田山伊織は、ある冬の寒空の下で影山凌と出会う。
ふたりはお互い惹かれ合うけれど、伊織のある事情のため、
凌は友達以上恋人未満の関係でいることを約束する。
手を繋ぐことでしかお互いの想いを伝えあえないふたり。
そしてやっと想いが通じ合うも・・・。
伊織と凌の恋の行方は・・・。

この作品のキーワード
純愛  一途  切ない  ハッピーエンド  女主人公  マッサージ  シリアス  イケメン  甘々  すれ違い