空港の近くのホテルに車を走らせた。


郁斗は今夜そのホテルに泊まるらしい。


涼子が運転をして愛は助手席、郁斗は後部座席に座った。





車が動くと郁斗は後頭部を座席につけてしまった。


暗いサングラスをしている為、眠っているのかわからない。


後ろに座っている郁斗を意識してしまって愛は落ち着かなかった。


6年ぶりに郁斗を前にして高校時代の恋心が戻ってきた感覚だった。


(あたしには祐一郎がいるのに……)


祐一郎とは最近付き合い始めたばかり。


今のところ、気の合った仲間と言った雰囲気で付き合っている。


お互い仕事が忙しいせいもあった。


彼に後ろめたいほど愛は郁斗に再び惹かれていた。


(この気持ちは祐一郎を裏切っている……)







この作品のキーワード
サッカー選手  編集者  イケメン  美形  御曹司  甘い  秘密  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。