『人生を 危険にさらせ!』



と、ある偉人は言っている。

あたしはその言葉通りの、
ある意味危険人物と対面していた。



「――お前、名前は?」



まるで氷のような冷たい視線。
それを全身に受けながら、なんとか声を振り絞る。



「……さ、佐伯渚です」

「ふーん。知らねェな」



さして興味なさそうに視線を逸らしたのは、ほんの数分前に初めて会った男の人。



オドオドしながら名前を告げたあたしに、目の前の彼はふんと鼻で笑った。
な、なんですか、そのバカにしたような笑いは!

ムッとしたあたしなんかお構いなしの彼は、顔を逸らしたまま黒いスーツのズボンに片手を突っ込んだ。


つまらなそうに、首なんかまわしちゃってるし。



「……」



バレないように、そっと彼を盗み見る。
初めて会ったんだけど、あたしは彼を知っていた。



この作品のキーワード
秘密  社内恋愛  先輩  イジワル  甘ロマ  オフィスラブ  強引  胸キュン