いつものように教室に入る。



「おはよ~綾香」



クラスメートに、次々に声を掛けられる。



「おはよう」



笑顔で挨拶をかわす。



親友の奈津紀が、ニヤニヤと私の顔を覗き込む。



「どうだった?し・つ・じ!」



あ…!今日、御披露目する約束してたんだっ!!



「ごめんなさい、実は…御披露目の了承を貰ってなくて」



「そうなの?じゃ、いいって言ってくれたら教えてね」



奈津紀は、それ以上詮索せずに、頷いてくれた。



良かった。

今日帰ったら、朔夜さんに訊いてみなきゃ。

この作品のキーワード
鬼畜  鬼畜俺様執事  俺様  執事  エロ格好いい  お嬢様