「お車までお送りします」



朔夜さんが私のカバンを持ち、歩き始める。



少し遅れて、私も歩き出す。



車までもう少し、というところで、朔夜さんは不意に立ち止まった。



「本当の私を知りたいんですよね?

見返りに…

お嬢様は、何をしてくれますか?」



鋭い眼光。



「…何が、望みなの?」



息が…出来なくなる。



昨日の夜、朔夜さんが言った言葉を、私が言っている。



追い詰められたのは…どっち?

この作品のキーワード
鬼畜  鬼畜俺様執事  俺様  執事  エロ格好いい  お嬢様