♪~♪~♪

着信:隼人


夜の10時、あたしのファミレスのバイトが終わるのを見計らったように、

隼人からの電話が鳴った。



―ピッ…

『ちーちゃん、おつかれ!!』


「…おつ。」



毎日あたしのバイトが終わると電話をしてくる理由は、

“ちーちゃんが夜道を一人で歩いて帰るのが、危ないから”らしい。


だけど、あたしには、“隼人が暇だから”だとしか思えなかった。




『明日の予定は?』


コレは、最近の隼人の決まり文句だ。



「学校が終業式~。
で、その後はファミレス。
多分夜には、母親の店手伝うことになると思う。」


『…学校最後だろ?
たまにはバイト休んで、友達と騒げば良いのに。』



隼人は、何かとあたしを気にかけてくれていた。


だけど悲しいかなあたしは、この生活をやめることは出来ない。



「…残念だけど、バイト休めないんだよね。
クリスマスイブはかき入れ時だし!
それに、休む子多いんだよ。」



あたしには、“お金を稼ぐこと”の他に、優先させるものがないだけ。


だからあたしには、天皇誕生日も、イブも、キリストの誕生日も祝う暇はなかった。




『…明日さぁ、1時間とかでも良いから空けれない?』


ためらいがちに聞かれた。



「あー…、ファミレス終わったら、1時間くらいなら大丈夫だと思うけど?」


『じゃあ、1時間だけ俺にちょうだい?』


「…良いけど…」



帰り道沿いにある街路樹は、クリスマスのイルミネーションで彩られ、

隼人の言葉に少しだけ動揺してしまった。


携帯を持つ左手は冷たいのに、不覚にも早くなる心臓の所為で、

そんなことも気にならない。



『よっしゃ!
じゃあ、バイト終わったら迎えに行くわ!』


「…うん…。」



隼人の考えていることは、あたしには全くわからなかったが、

毎日電話で話していると、いつの間にはあたしの中の壁は消えている気がした。


だから、こんな約束でも、“嫌だ”なんて思わなかったんだ。


この作品のキーワード
切ない  恋愛  実話  高校生   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。