『―――ちーちゃん、そのネックレス、つけてくれてたんだね。』


あたしの首元に着いたネックレスを指で触りながら、隼人は笑顔を向けた。


抱き合うことが、ただ恥ずかしかった。



「…うん、失くしたら困るし。」


『ははっ、すげぇ嬉しい!』


だけど隼人は、いつもみたいに優しく笑ってくれて。


悲しそうじゃなかったから。


それが嬉しかった。



『…なぁ、ちーちゃん。
卒業したら、どーすんの?』


「フリーター予定。
あと1年バイト頑張れば、ファミレスで正社員になれるから。
それまでは今のまま、お金貯める。」


何だか少し、くすぐったいような感覚だった。


目を背けてることくらい、わかってるんだ。


現実から逃げてることくらい、わかってる。



『…家出するんなら、ここで暮らす?』


「…え?」


思ってもみなかった言葉に、目を見開いた。


だけど隼人は、優しく言葉を続ける。



『…ちーちゃんが心配だから…。
ここなら、お金要らないよ?』


「そんなの―――」


あたしの泳がせる目を強く見据え、隼人は言う。



『てゆーか、せめてバイト減らして?
金の心配はしなくて良いから!』



隼人の提案に、正直揺らぎそうになってしまう。



『幸せにする自信はないけど、その分、人より良い生活させる自信はあるから。』


言葉の出ないあたしに、隼人は続けた。


優しく、だけどどこか悲しそうに。


『…だから、俺の“帰る場所”になって?』


「―――ッ!」



そして、抱き締める腕に力が込められて。


あたしの肩に顔をうずめる隼人に、ただ戸惑うことしか出来なかった。


あたしが、隼人の“帰る場所”…?



この作品のキーワード
切ない  恋愛  実話  高校生   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。