合コン当日


アイ姉さんやまみちゃんに気を使わせたくないから、あたしと森くんの関係は黙っておこう。


泣きそうになるかもしれないけど
我慢しなきゃ。



あの日のキスも無かった事にしよう

もぅ忘れよう

夢を見ていただけ



それでも高ぶる気持ちと
気合の入る化粧と服



今日で会うのは最後だから…


一番キレイにしたあたしを見てもらいたいから





そう自分に言い訳した。

この作品のキーワード
恋愛  美容師  セカンド  セフレ    実話