朝から晩まで、ほとんどを泣いているぽータロウ。

どうして欲しいのか分からない私は、抱っこと授乳を繰り返すしかありません。
育児って、想像を遥かに超える過酷さです(泣)

「よし!気分転換してみよう!」

パパが沐浴の準備を始めました。

この作品のキーワード
育児  主婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。