二人を見送り、私は授乳室へとやってきた。


「こんばんわぁ」


ピンク色ベースの柔らかい雰囲気の授乳室の中は、かなりの混雑だった。


きっと授乳時間帯が同じなので人口密度が高いのね?


真ん中に大きなテーブル。

それを囲みながら座っている大勢のママたちが、必死で赤ちゃんにおっぱいを与えていた。


看護師さんからピンク色のバスタオルでくるまれた菜々香ちゃんをポンと腕の中に渡された。


ずどーんと重い。


実は菜々香ちゃんはなんとびっくり?


3825gで産まれた。


かなり私の子宮の中は快適だったのか?栄養が行き届いていた模様。


この作品のキーワード
夫婦  出産  赤ちゃん  誕生  リアル  可愛い  面白い  ラブコメディ  ためになる  笑える 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。