ピピピ―――

目覚ましのベルが、鳴り響く。




「・・う・・ん・・」

重い瞼をこじ開けると、目覚ましを止めた。



朝晩の寒暖差の激しい、春の時期。


ベッドから出るのも、億劫だけれど。



疲れが残る身体を起こし、カーテンを開いた。





昇り始めた朝日が、今日の始まりを告げてくれる。




「うぅ~ん、いい天気!」


ストレッチ代わりに、腕を伸ばした。




のんびり出来るのも、ここまで。






「やばっ、急がなきゃ!」


時間の無さに、やっと気づいて。




慌てて部屋を出ると、身支度に取り掛かった。





この作品のキーワード
社長  秘書  幼馴染み  香り  オフィスラブ  大人  仕事    年上