そうして、社長の運転で会社へと向かう――



彼の愛車は、真っ赤なフェラーリ。



と言っても、愛用車のひとつに過ぎず。


ガレージには、何台もの高級車が出番を待っている。




車に拘る彼は勿論運転にも煩く、専属運転手を断って自ら運転しているのだ。




その彼が運転する車に、同乗させて貰える理由なんて。



私がお隣さんであり、社長秘書だから――




きっと・・・、ううん、それだけのコト・・・・






独特のエンジン音を響かせつつ、軽快に走行していく車。


いつものように別段、会話のナイ静かな時間――



視線だけをチラリと動かすと、社長を見つめてしまう。



シャープな顎のラインと薄めの唇は、色っぽさを醸し出している。


鋭い眼光で正面を見ている、ブラウンの瞳も・・・




このハンドル捌きを見たら、大抵の女性はイチコロだろう。




・・・それでなくとも、格好良いのだから――




この作品のキーワード
社長  秘書  幼馴染み  香り  オフィスラブ  大人  仕事    年上