情事の始まりが、濃厚であろうとも。


終わりなんて、実に呆気ない・・・






「早く準備しろよ――」


「はい…、申し訳ございません。」


冷たい言葉が、演技派のなりを潜めさせる。


だから、ただの秘書に戻ってしまう。




社長はネクタイをキュッと、締めてから。


少し乱れた髪を、手櫛でサッと整えている。




優雅ささえ漂う、その光景を追ってしまう。



ベッドから動けない私は、いつも置き去り・・・






「あと30分で出発する――」


「かしこまりました…。」


爽やかさを纏って、いつもの社長に戻る。





バタンッ――

社長の退出を告げる、重厚な扉の音。




秘密の部屋へと、取り残されたのは。




お役ご免の私と、ホワイトムスクの残り香・・・







この作品のキーワード
社長  秘書  幼馴染み  香り  オフィスラブ  大人  仕事    年上