彼女が一歳過ぎてから少しずつ出てきたが、ただ覚えた言葉を並べて一人で喋っていて、私は蚊帳の外状態だった。私が話しかけてもオウム返し的なやりとりしか出来ない。しかし彼女はひたすら一人で喋っていた。それは保育に入っても変わらなかった。

この作品のキーワード
障害  天真爛漫  生きざま  自閉症