なんとなく遅いペースで走る和樹に合わせて、あたしもゆっくりと足を踏み込む。


今は5月だって言うのに、汗ばむくらい暑い。



「なぁ。」


「…ん?」


沈黙を破った和樹に顔を少し向ける。


「…大和って奴にさ、ちゃんと迷惑だって言えよ?」


いつにも増して真剣な目で見られたあたしは


ただ 「うん」としか言えなかった。



でも




あたしは大和を拒むなんてできない。


大和はきっと、本当の姉を見るような目で見ているんだと思うから。


ただ甘えたいだけ。



そう思うと


彼が愛おしく思えてしまうから―――――――…………。