大座敷を見た途端、五穂は軽い目眩を起こした。




そこには、まるで百鬼を見ているかの如く、






無数の化け狐達がいたのだ。

















「まこと、久しく候。
来るべき十一年目の夜…。



御許(みもと)の御命通り、愛しき想い人を見つけ出して参りました…。」




目の前の八匹の、巨大な妖狐に向かって、炎尾は深々と御辞儀をした。


この作品のキーワード
  主人  妖怪  異種族恋愛  和風  狐面  狐の嫁入り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。