「あの…ほんとにここなんですか?」

正弘に連れられてやって来たのは、京都の市街地。
…から離れた、民家の建ち並ぶ場所の一角だった。

こんなところに食べ物屋さんがあるのか?と思っていたら、正弘がとある民家の前で立ち止まり、ここですと指差した。

指差した先はもちろんごくごく普通の一軒家。表札もしっかりと【田中】と書かれていた。

「とにかく、入りましょう」

そう言うと、正弘が玄関のインターフォンを鳴らした。

もしかすると、玄関を開ければ、内装はレストランちっくなのでは?と、少しだけ緊張した面持ちになる。

「はいはい、お待ちしてましたよ」

ガラリと玄関が開き、出てきたのは普通のおばちゃんだった。

外から見える限りでは、普通の民家だ。

「遅い時間に無理言うてすいません」

正弘が苦笑いを浮かべると、おばちゃんはにっこり笑って首をふった。

「ええんよ、そんなこと気にせんで。とにかくほら、中へどうぞ」

おばちゃんに言われて、正弘が中に入る。玲子たちも、少し困惑した表情を浮かべながら、それに続いた。

この作品のキーワード
戦国  時間移動  再会  親子