秋ちゃんが退学してからむこう仲良し3人組は私と真中君の二人組になっていた。

けれども、この春思いがけず新メンバー?の加入により再び二人組は3人組へ。

しかも、その新メンバーというのが……。


私の思い違いでなければ、きっかけはそう、あのときに違いない。

学生の居室で女子トークに花が咲きまくっていたときのこと。

たまたま女だけってことで、もう皆さん言いたい放題言いまくり。

沼尾さんへの不満やら新入生の男の子の品定めについてやら。

下世話なことこの上ないのだけど、こういう話ってやっぱりやけに盛り上がる。

そして、やはりというべきか、話題は当研究室の王子様、桜庭さんの話になった。

先輩や新入生の女の子(今年も一人だけ)が盛り上がる中、私は一人気の無い感じ。

まあ“聞き専”とでもいおうか、置物みたいに、ふーんと黙って聞いているだけ。

この作品のキーワード
先生  大学生  まったり  ほのぼの  優しい  地味  ほんわか  大好き  のんびり  恋人