ある日の晩――。



隣で裸のまま眠る花をよそに

蒸し暑さからか、なかなか寝付けずにいると…



ブーッブーッと、携帯の震える音が響いた。




『こんな時間に…誰や―…』



暗闇に浮かぶ、蛍光のデジタル時計に目をやると
ちょうど日付が変わった事を告げている時間。



携帯のディスプレイには
登録されていない番号が映し出されていて
時間的に出ようか躊躇ったものの…
一向に鳴り止む事のない着信に、通話ボタンを押した。



ピッ―…。




『も、もしもし…?』


「………。」



電話に出たのはいいけど…
受話器の向こう側は、無音に等しい。



『イタズラ電話!?切りますよー?』



こんな時間に無言電話が来たら
誰でもイタズラって思うやろ?

もちろん、俺もその一人。



受話器から耳を話、終了ボタンを押そうとした

その時―…




.

この作品のキーワード
姉弟  実話