土曜の終電間際って事もあり…電車の中は程良く混んでいて、ドアの真ん前にもたれ掛かっていた俺は…



窓ガラスに反射した自分の顔を見て、思わず目を逸らした…、

疲れきった顔は…若者とは程遠く、生気すら感じない。





ちゃんと、未来に向かって進んで行ってる親友に焦りを感じたり

人の幸せを妬(ねた)んだり…

年だけ重ねて、体だけ大人になって行く事の情けなさ



今日1日で、色んな事が一気に押し寄せて来た…。






何で、俺だけ前に進めないんや!?



違う…。

もう…あの日から進めてないんや。

立ち止まって、後ろばっか振り返って…

やっぱり…一歩、前に踏み出す勇気がないんや。





『情けなっ、ほんまに情けない!!』



電車を降り、駅から少し離れた

家の近所のコンビニの隅にもたれて

人目もくれず、声を出して泣いた。




【悔し涙】




空に逢えない辛さや寂しさで流れた涙じゃない。


ロクに約束のひとつも守れない、自分の不甲斐なさに出た涙。



『ッッツ……。』




――コトコトッ









.

この作品のキーワード
姉弟  実話